恐竜

恐竜

恐竜(きょうりゅう)は、脊椎動物の分類群の一つである。
中生代三畳紀に現れ、中生代を通じて繁栄した。多様な形態と習性のものに適応放散し、陸上動物としては非常に大きくなったものもあったが、約6,600万年前の白亜紀と新生代との境に多くが絶滅した(アラモサウルスなどの一部の属については、この後もしばらく生き延びていた可能性を主張する研究者もいる。

 

大衆的に恐竜の一群としてイメージされやすい翼竜、首長竜、魚竜などは恐竜には含まれない(ただし翼竜は恐竜やワニと同じく主竜類に属し、恐竜とは姉妹群にあたる。首長竜や魚竜は恐竜とは遠縁の水棲爬虫類である)。