伏見稲荷大社

伏見稲荷大社

伏見稲荷大社の見どころ

 

伏見稲荷大社とは、全国に約3万社あるといわれる稲荷神社の総本社です。
京都市伏見区にある神社で、稲荷山の麓に本殿があって、稲荷山のお山全体が神域とされています。見どころとしては、やはり赤い鳥居が無数に連なる千本鳥居です。

 

伏見稲荷大社へのアクセス

 

伏見稲荷大社が徒歩圏内の鉄道の駅はJR奈良線の稲荷駅か京阪本線の伏見稲荷駅です。
JR奈良線の稲荷駅が最も近く、稲荷駅が最寄り駅と言えます。
駅を降りてから徒歩で約3分ですから、目と鼻の先です。
一方、京阪本線の伏見稲荷駅ですが、伏見稲荷大社からだどJR稲荷駅を通り過ぎて少しいったところに位置します。こちらは徒歩6分ですから、充分に近い駅といえるでしょう。

 

伏見稲荷大社の駐車場

 

伏見稲荷大社には参拝者用の駐車場があります。
車だと、名神高速道路 京都南インターから 約20分、阪神高速道路 上鳥羽出口から 約10分くらいです。
ただ駐車場があるといっても道路がとても混雑しがちなため、伏見稲荷大社としては、電車やバスでの参拝をすすめています。

 

ランチ

 

伏見稲荷大社には参詣者のためのレストランとして、「参集殿」という食堂があります。営業時間は、8:00?15:30まで(ラストオーダー15:00)。
8:00?10:00までは、朝食と喫茶のみの営業です。
また、近隣にはお土産屋さんや串焼きなどを供する食べ物屋さんも多く営業しています。