マリーアントワネット

マリーアントワネット

マリーアントワネットはフランス王国の最後の女王です。
フランス革命によって断頭台の露(死刑)となりました。
「パン(食べ物)をよこせ」という民衆に対し
「パンがなくてもケーキがあるのに」と言ったり、
その言動がいろいろエピソードとなって伝わっています。