六義園

六義園

六義園とは東京の駒込駅近くにある

 

由緒ある庭園です。

 

江戸時代、柳沢吉保が

 

自分用の下屋敷として造営した大名庭園で、

 

当時から一級の庭園として愛でられました。

 

秋は紅葉、そして春は桜に彩られます。